3年ぶりのお家クリスマス

 

Merry Christmas!!

りくを温かく見守ってくださる皆様、いつもありがとうございます。

先日のカテーテル検査の際は検査前採血でBNPという心不全を示す数値が移植後で300代という高い値で、軽度の拒絶を心配されるまま行われましたが、結果は拒絶反応なしで安心しました。

正確な結果がわかるまで不安でしたが、
今年のクリスマスは3年ぶりにお家で家族で迎える事ができました。

イルミネーションを見に行く事も、クリスマスのご馳走を食べに行く事もできませんが、家族全員が同じ時を過ごせるという事が我が家には1番大事な事です。

病院にいた頃は無事に明日を迎えられるのかを考える日々でしたが、今は1週間元気に過ごす事を目標にいられる事がすごく幸せです。

これもご支援、ご協力をいただいた皆様のおかげです。本当にありがとうございます。
何よりドナーとなってくださった方、そのご家族の方には感謝してもしきれません。
改めてドナーの方のご冥福をお祈りいたします。

2歳からの病院で過ごしていた日々は、イヤイヤ期と呼ばれるものがなかったりくですが、今は自分の意思がはっきりしましたので、反抗する事も増えましたが、”胸のお友達にばい菌が入ってしまうから〜〜〜できない、先生に聞いてみてから”や事あるごとに手を消毒したり、他の子はできるけど自分にはできない、食べれないルールをしっかり理解し4歳なりにお友達と上手に向き合えているのだなと実感します。

去年の今頃は家族全員が精神的にも1番辛い時期でしたが、今年はこんなにも幸せな日常を過ごさせていただける事に感謝の気持ちを忘れず、大切に生きていきたいと思います。

今年も残すところ数日になりましたので、皆様良い年の瀬をお過ごしください。

外来受診から帰るとサプライズで届いたお手紙があり、照れながらも嬉しさでニコニコなりくでした。