6度目のカテーテル検査

 

いつも暖かく見守ってくださる皆様、本当にありがとうございます。

1月の入院以降何度も発熱をし、インフルエンザの検査等を受ける事もありましたが、初めて外来受診の間隔を3週間空ける事が出来ました。

移植後初めての退院時は1日1日体調を崩さないようにドキドキ過ごし、1週間何もなく過ごせた時は本当にホッとして、次は2週間、3週間とチャレンジするものの、いつもその間に体調不良で入院しておりました。

もうすぐ移植から1年。
4月からは母子通園で、日数を減らしながら短時間ではありますが、りくの体調を見ながら幼稚園に通うことも決まっています。
本当に少しずつですが、同年代の子達と同じような生活を送る事ができております。

当たり前のようで当たり前じゃない日常を過ごさせていただいている事が、まだ現実じゃないような、夢の中にいるような感覚ですが、本当に本当に嬉しく思います。

たくさんの方のお力添え、そしてドナーとなってくださった方、そのご家族の方々には深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

 

3月初めにはカテーテル検査入院をしておりました。

結果は拒絶反応はなしでしたが、EBウイルスが陽性になってしまいました。

EBウイルス
大人になるまでに9割近い方が知らずに保菌しているウイルスです。
どんなに気をつけていても移ってしまいます。
通常は無症状や風邪に似た症状で気づかれにくく、ウイルスは体からいなくなる事もありませんが、自分の免疫、抗体でウイルスを抑える事ができます。
しかし、免疫抑制剤を服用しているりくはウイルスを抑え込む抗体が十分にない為、腫瘍に変異する可能性が高くなります。

今すぐに何か治療をする事もできず、経過観察をしていく事になりますが、ウイルスが悪さを始めないように祈り、今まで以上に体調管理をする毎日です。

免疫抑制剤の量は0になる事はないですが、拒絶反応を見極めつつ少しずつ量を減らしていく事もできます。
免疫抑制剤を減らす事が出来て、ウイルスを抑え込める程度の抗体を確保できる、ちょうど良いバランスを保てるようになる日が必ず来ると信じ、これからも明るく楽しく笑顔で過ごしていきたいと思っております。

コロナウイルスでたくさんの方の生活に影響が出て、皆様も不安な日々かと思いますが、一緒に頑張りましょう。

ピザを食べたいのリクエストに応えて、一緒に生地から作りました。
“お家のピザが1番美味しい”と1枚ペロっと完食し、おかわりもしておりました。